神戸北野異人館

スタッフブログ

スタッフブログ一覧

新着ブログ

みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2018.11.30
 9、暖炉 当時の燃料は何だったんだろう?
みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2018.10.7
10月8日は体育の日!当時の運動は?
風見鶏の館 10~12月イベント情報のお知らせです。
2018.9.15
風見鶏の館 10~12月イベント情報のお知らせです。季節に合わせたイベントを開催してまいります。皆さまのご参加お待ちしております。詳細はHPのイベントページにて随時お知らせしていきますのでお見逃しなく!
風見鶏の館 2018七夕まつりの短冊を奉納してまいりました。
2018.9.14
7月の七夕まつりで皆様に願い事を書いていただいた短冊は合計で313枚でした。皆様の願いが込められた短冊を奉納してまいりましたのでご報告させていただきます。
みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2018.9.10
7、当時のお部屋には植物がたくさん!
みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2017.12.1

1、入口の門扉の表札は何て書いてるの?

風見鶏の館に入る一番最初の入口「門扉」。
門の上に何やら文字か書いています。
「Rhenania」レナニアの文字、これはラテン語で書かれています。
訳すと何て書いているのでしょう?また、なぜ文字を門扉の上にかかげているのでしょうか?

当時の1908年~1910年頃の館の門の写真です。
当時も門扉の上に「Rhenania」の文字がつけられていました。
(*中庭からの撮影)

答えは「ライン地域(ラインラント)」という意味です。
一説には、遠い異国の地で故郷を思い、思い出深い「ライン地域(ラインラント)」を思って表札代わりに門扉の上に文字をとりつけたと言われています。
トーマスさんの生まれ故郷はドイツのコブレンツで、ライン川の港町で生まれました。
生まれ育った地が心の支えだったかもしれませんね。
ちなみに、トーマスさんがつくった貿易会社も「レナニア商会」の名前で横浜と神戸で仕事をしておりました。
いかに「レナニア」の文字に思い入れが強かったか解りますよね!

ページトップへ

新着情報

Copyright(C)2013 kazamidorinoyakata. All rights reserved.