神戸北野異人館

スタッフブログ

スタッフブログ一覧

新着ブログ

みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2019.1.24
11、応接間の天井に植物のレリーフがついてます!
みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2018.12.27
 10、居間のペンダント照明、支柱に滑車とチェーンが見えるよ!
風見鶏の館 2019年1~3月イベント情報のお知らせです。
2018.12.20
風見鶏の館 2019年1~3月イベント情報のお知らせです。季節に合わせたイベントを開催してまいります。皆さまのご参加お待ちしております。詳細はHPのイベントページにて随時お知らせしていきますのでお見逃しなく!
みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2018.11.30
 9、暖炉 当時の燃料は何だったんだろう?
みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2018.10.7
8、10月8日は体育の日!当時の運動は?
みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2018.9.10

昔から日本は季節の行事に花や植物を飾る習慣がありました。
正月や各節句、お月見などですが、
当時、神戸の外国人は何を室内に飾って楽しんだのでしょうか?
室内にお花や植木を飾るのは、今も昔も変わりません。
当時の写真を見てみると、沢山の植物が館内に飾られています。

室内には、観葉植物を中心に、フェニックス(インドネシア原産)、
シュロチク(中国原産)、ドラセナ(アフリカ原産)、
デンドロビュウム(蘭、アフリカ原産)など亜熱帯の植物が
多く見られます。 
当時、外国の植物や花は、日本で非常に珍しく、来客のお客様の目を
楽しませるため、室内におかれていたのでしょう!

原産地を調べてみると、これらの植物は、1900年代の
ドイツ帝国植民地にほぼ一致します。
(パプアニューギニア・中国青島・アフリカなど)
当時、物資は全て船で運搬してましたので、トーマスさんも貿易船に
このような植物をのせ、神戸に運び、館に飾ったのかも?知れませんね。

ページトップへ

新着情報

Copyright(C)2013 kazamidorinoyakata. All rights reserved.