神戸北野異人館 風見鶏の館

阪神・淡路大震災の被害

被害

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災によって、風見鶏の館は全壊とはいかないまでも、外部煉瓦のひび割れや煙突が根元から折れるといった被害を受けました。
破損度:中。被害状況:煉瓦の煙突は2本が折れ、内1本が地面に落下。
外壁の煉瓦154個所に亀裂確認。

壁のひび割れ 煙突の落下
復旧

復旧に際しては、今後同程度の地震にも耐えられるだけの耐震性を確保するため、煉瓦をステンレス線によってネットに結束させるなどの技術が取り入れられました。
修理、外壁レンガの修理 36,000枚以上
(28,800枚利用、新たに22,000枚)

耐震工事

ページトップへ

Copyright(C)2013 kazamidorinoyakata. All rights reserved.