神戸北野異人館

スタッフブログ

スタッフブログ一覧

新着ブログ

【ラインの館】関西文化の日 初参加!
2019.11.1
今年で第17回目を迎える『関西文化の日』は、関西一円の美術館・博物館・資料館等の参加登録をした文化施設が11月の一定期間、入館料を無料とする取組みです。関西が誇る長い歴史に培われた豊かな文化に気軽に接することのできる機会となっています。今年の4月にリニューアルオープンしたラインの館も初参加登録し実施しております。是非、この機会に「文化の秋」「芸術の秋」を楽しみに参加施設を巡ってみませんか? ご来館心よりお待ちしております。
風見鶏の館 ラインの館 2019年10~12月イベント情報のお知らせです。
2019.9.15
風見鶏の館 2019年10~12月イベント情報のお知らせです。10月には風見鶏の館、ラインの館の館内にハロウィンフォトスポットが登場!11月12日~クリスマス装飾になります☆その他も季節に合わせたイベントを開催してまいります。皆さまのご参加お待ちしております。詳細はHPのイベントページにて随時お知らせしていきますのでお見逃しなく!
9月開催の『関西文化の日プラス』にラインの館が参加します!
2019.9.1
今年は11月の「関西文化の日」に加え、国際博物館会議(ICOM)京都大会開催記念、RUGBY MATSURI PROJECT 2019認定イベントとして、これらの会議・イベントが開催される9月にも同様の取組『関西文化の日プラス』が実施されます。是非この機会に「文化の秋」「芸術の秋」を楽しみに参加施設を巡ってみませんか? ご来館心よりお待ちしております。
『2019 七夕まつり』の短冊を奉納してまいりました。
2019.8.31
風見鶏の館、ラインの館にご来館の皆様に願い事を書いていただいた短冊は合計で1,145枚☆ 皆様の願いが込められた短冊を、㈱日比谷花壇(当館指定管理者)が運営する全国の店舗で集めた短冊と一緒に、8月28日に宮城県仙台市の大崎八幡宮へ行き、本殿において祈祷を行い奉納してまいりました。
ラインの館 風見鶏の館 『夏休み応援プロジェクト』 8月31日まで開催!
2019.7.22
夏休みの特別企画として、夏休みの宿題に役立つ体験型の学びプログラムやワークショップなど、親子で体験できる自由研究応援プログラムを多数開催しま~す!夏休みに思い出に残る体験をしてみませんか?ご来館お待ちしております。
みんな風見鶏探検隊!~風見鶏の館の楽しみ方~
2017.12.1

1、入口の門扉の表札は何て書いてるの?

風見鶏の館に入る一番最初の入口「門扉」。
門の上に何やら文字か書いています。
「Rhenania」レナニアの文字、これはラテン語で書かれています。
訳すと何て書いているのでしょう?また、なぜ文字を門扉の上にかかげているのでしょうか?

当時の1908年~1910年頃の館の門の写真です。
当時も門扉の上に「Rhenania」の文字がつけられていました。
(*中庭からの撮影)

答えは「ライン地域(ラインラント)」という意味です。
一説には、遠い異国の地で故郷を思い、思い出深い「ライン地域(ラインラント)」を思って表札代わりに門扉の上に文字をとりつけたと言われています。
トーマスさんの生まれ故郷はドイツのコブレンツで、ライン川の港町で生まれました。
生まれ育った地が心の支えだったかもしれませんね。
ちなみに、トーマスさんがつくった貿易会社も「レナニア商会」の名前で横浜と神戸で仕事をしておりました。
いかに「レナニア」の文字に思い入れが強かったか解りますよね!

ページトップへ

新着情報

Copyright(C)2013 kazamidorinoyakata. All rights reserved.